2011年7月21日 (木)

ffxiah viewer 1.31

※1.31での変更点
・取引履歴を時分秒まで表示するように変更(という要望があった)

※1.30での変更点
・一部機種で検索後にスクロール出来なくなっていた問題の修正
・用語辞典でバックボタン押下時に一つ前のページに戻るように変更(という要望があった)

unofficial ffxiah viewer
https://market.android.com/details?id=hey.ffxiah

不具合かと思われていたAQUOS Phoneでのスピナー表示問題は端末固有バグだったらしく、本日メーカーパッチにより修正されています。
スクロール問題については、どうやら2.3あたりからScrollViewの挙動が代わっており、ScrollViewの子ViewにListView等を設定するとScrollViewがタッチイベントを全部consumeしてしまう模様。
で、解決策は「ScrollView」を止めて「ListView」に「scrollbars=vertical」を入れてやる、と。

2011年7月 5日 (火)

ffxiah viewer 1.29

一昨日、六本木にあるGoogle支社でGoogle Developer Lab Tokyo 2011というAndroid開発者向けのイベントに参加してきたのですが、参加者全員にドコモのOptimus Pad(Android 3.0のやつ)がプレゼントされました。
さすが天下のGoogleさんだ。太っ腹すぐるでしょう?

で当然、自分のアプリが動くかどうか試してみたら

う、うごかない・・・

というか、以前から何件かコメントで「スクロールできない」的な指摘を受けていたのですが、こちらの手持ちの数台の端末では再現しないため、対応しあぐねていました。
で、調査中なのですが、今のところ原因さっぱりわからず。


そして昨日、全く別の理由によって全ての機能が使えなくなりました。
原因は例によってffxiah.comのサイト構成変更。
今回はちょうどまさに別件で調査している最中だったので、珍しく迅速に対応しました(キリッ

unofficial ffxiah viewer
https://market.android.com/details?id=hey.ffxiah


あと、最近IS-12C(AQUOS PHONE)に機種変更したのですが、こっちもなんかおかしい。
Spinnerにandroid.R.layout.simple_spinner_itemを設定してもスピナーが表示されない。
ちなみに表示されていないだけで動いてはいる模様。
タッチするとちゃんとドロップダウンリストが出る。
わけわからず。

機種別に挙動が微妙に違うってのは、本当にいやらしい・・・

2011年4月24日 (日)

ffxiah viewer 1.28

いやあ、今回はしんどかった。
jQueryで難読化されてたからね。
「こっちくんな」的なオーラがシヒシヒと伝わって来た。

まー、しんどかったけど、どうにか対応できたはず。
なんかあったら報告ください。

でわ。

https://market.android.com/details?id=hey.ffxiah

2011年4月21日 (木)

PhoneGapでapplicationDidFinishLaunchingが実行されない

もう一つ備忘録メモ。
XcodeでPhoneGapプロジェクトを作成した際に自動的に生成されるPhoneGapDelegateの実装クラスのうち、applicationDidFinishLaunchingメソッド(起動直後に一度だけ呼ばれるやつ)が呼び出されない。

自動生成されるメソッドはこんな感じ
/**
* This is main kick off after the app inits, the views and Settings are setup here.
*/
- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application
{
[ super applicationDidFinishLaunching:application ];
}

よくよく調べてみたらスーパークラスのプロトタイプ宣言と違っていた。
↓のようにしたら呼ばれるようになった。

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
BOOL result = [ super application:application didFinishLaunchingWithOptions:launchOptions ];
return result;
}

なんかバグっぽい気がするのでその内修正されると思いますが、結構悩んだので一応メモっときます。

PhoneGapでiPad

忘れないうちにメモ。

PhoneGapとXcodeでiPhone&iPadのユニバーサルバイナリに対応する感じの方法。

1. ターゲット→<アプリ名> を右クリック
2. 「現在のターゲットをiPad用にアップグレード…」を選択
3. 「One Universal Application」を選んで「OK」
4. Resourcesにある<アプリ名>-info.plistをテキストエディタで開いて、以下の2行を削除

<key>NSMainNibFile~ipad</key>
<string>-iPad</string>

2011年4月13日 (水)

Android Market統計情報

三月中旬ごろからAndroid MarketのDeveloper Consoleにて自分がアップロードしたアプリ利用状況が参照出来るようになっているのですが、これがなかなか面白いので紹介しておきます。

OSバージョン毎、機種毎、国毎のアクティブインストール数のベスト10が参照出来るのですが、これが日本と海外で大きく傾向が異なるようです。
小生作アプリの「英和和英辞書」と「unofficial ffxiah viewer」のものを比較してみました。
前者は母数が32000件、ユーザ国籍の97%が日本であるのに対し、後者は母数が2800件、国籍の比率が米国70%、日本20%、残りがその他、といった按配になっています。

まずはOSバージョンの比較。









順位OS辞書ffxiah
1Android 2.243.0% (13,852)63.1% (1,474)
2Android 2.140.9% (13,172)28.7% (669)
3Android 2.39.3% (2,989)6.3% (146)
4Android 1.66.6% (2,119)1.0% (23)
5Android 2.3.30.1% (43)0.7% (16)
6Android 3.00.0% (1)0.0% (1)
7Android 2.0.10.0% (1)0.0% (1)

日本のほうが2.1ユーザ、2.3ユーザが多い傾向にあるようです。Xperia X10やarcの影響が強いんですかね?
実はffxiah viewerのほうは4月に入って公開停止してしまったので、2.3の比率は低めに出ているかもしれません。

次に機種別。










順位辞書ffxiah
1Samsung Galaxy S 20.9% (6,724)Motorola Droid 11.0% (258)
2Fujitsu Toshiba REGZA Phone T01C 18.5% (5,952)Motorola Droid X 8.8% (206)
3SEMC Xperia X10 (SonyEricssonSO-01B) 13.9% (4,492)SEMC Xperia X10 8.3% (194)
4SO-01C 9.2% (2,957)HTC Evo 4G 8.0% (186)
5N-04C 6.7% (2,175)HTC Droid Incredible 5.3% (123)
6Sharp IS03 4.7% (1,521)Motorola Droid II 3.6% (84)
7Sharp Lynx 3D SH-03C 3.7% (1,189)Samsung Galaxy S (SGH-I897) 2.7% (64)
8SEMC Xperia X10 (SO-01B) 3.6% (1,164)Samsung Galaxy S (SGH-T959) 2.4% (57)
9Sharp Galapagos 3.0% (964)Samsung Galaxy S (SC-02B) 2.4% (56)
10Samsung Galaxy Tab 2.7% (872)Samsung Galaxy S (SCH-I500) 2.1% (50)

国内はGalaxy Sが強いですねぇ。とにかくドコモが強い印象です。
海外(ffxiah viewer)はモトローラが人気に見えますが、実はこれ半数以上がランク外(11位以下)な上、どうもキャリアが異なると機種名が変わってしまうようなので、あまり当てにならないかも(^^;)。

あと国内(辞書のほう)は3月末あたりから急激にダウンロード数が伸びています。
Xperia arcやMEDIASが出たあたりですかね。現時点ではこれらの機種は手に入りにくいようですし、この表は2011年4月中旬に作成したものなので時間が立てばもう少し違った結果になるのではないでしょうか。

2011年2月16日 (水)

android.database.sqlite.SQLiteDatabaseでLIKE検索にてバインド変数を使うと例外

どハマリした結果、ミドルウェアのバグだと分かってゲンナリすることってありますよね。
先日、android.database.sqlite.SQLiteDatabase#rawQuery()でLIKE検索すると意味不明な例外が発生して困りました。

↓これを実行すると・・・
db.rawQuery("SELECT HOGE FROM HOGES WHERE NAME FOO '%?%'", new String[]{str});

↓こうなる。
android.database.sqlite.SQLiteException: bind or column index out of range: handle 0x18a0f8

「バインドまたは列のインデックスが範囲外です。」????
他のSQLiteの実装だと全く同じクエリでも動くので、Android固有の問題の模様。
ちなみにバインド変数を使うのを止めると動く。

↓これはOK
db.rawQuery("SELECT HOGE FROM HOGES WHERE NAME LIKE '%" + str + "%'", null);

全然、ワカラン・・・。

ということで散々探して答えを見つけました。
こちら

2011年2月15日 (火)

タクティクスオウガ運命の輪の合成レシピを見るアプリを作ってみた

超やっつけだけどな!!

https://market.android.com/details?id=hey.torecipe

今回は珍しく、ネットもSDカードも必要としない、純粋なスタンドアロンアプリだったりする。
構想5分、製作30分、デューク・ロンウェーの画像探すのに30分程度のアプリである。
姉さん、油断しちゃいけない。


というか、新Android MarketのSSL証明書のドメインが間違っている問題はいつまで放置している気なんだろうか。

2011年2月 3日 (木)

ffxiah viewer 1.26

皆さん、FF11やってますか?
私は最近はとんとご無沙汰です。
一応課金はしてるんですが、全然インしてないです。

しかしインしていなくても分かることがあります。
それはプレイヤーのJP:NA比率。

ffxiah.comに改変が入って、件のアプリが動かなくなった途端に大量にやってくるんですよ。
メールが。
早く直せ、と。
英語で。

ええ、まあ昨日からまたわらわら英文メールが来ていたのでまた何か変わったんだろうと思ったら、案の定サイトの構成が変わってました。
リダイレクトの挙動周りの仕様でアイテム詳細ページへ遷移する際に今まではアイテムIDのみで開くことが出来ていたのに何故か今回からアイテム名称も必須になってました。

まあ、それぐらいなら可愛かったんですが、何をトチ狂ったのかJPのリダイレクトURL(Locationヘッダ)に含まれるアイテム名がまんま日本語のアイテム名(=全角文字)になっていて、不正なURL扱いで遷移出来ない状態に。
仕方が無いので、JPの場合のみHTTPリダイレクト(302: Moved Temporarily)に従わせないようにして、自前でURLに含まれるアイテム名部分のみ正規表現で抜き出してURLエンコードかけてからもう一度手動でリダイレクトさせる、という我ながら意味不明なコードを書きました。
今しがた自分で書いたコードを見ると目が潰れそうです。



そしてffxiah.comの日本語文字化けは絶賛放置中のまま。
いらんサイトリニューアルするぐらいなら、こっちを先に直そうよ、と言いたいところだけど、もうJP版のメンテナーが居ないんだろうなぁ、とも予想されるので、いやはやにんともかんとも。


ああ、そう言えば今日からAndroid MarketがPCブラウザからでも参照出来るようになりましたね。
こちらからどうぞ。

2011年1月13日 (木)

Windows Updateで「現在サービスが実行されていないためWindows Updateで更新プログラムを確認できません」

国内に事例が見当たらなかったのでここに書いておきます。

先日ヤフオクでゲットしたPC(Lenovo ThinkPad T61p)にWindows 7をクリーンインストールしてThinkVantage System Updateから最新のドライバ一式をインストールした後、Windows Updateを実行しようとして"更新プログラムの確認"を選択すると

現在サービスが実行されていないためWindows Updateで更新プログラムを確認できません。コンピューターの再起動が必要な可能性があります

という旨のダイアログが表示され、Windows Updateが実行出来ない状態になりました(当然、Windows Updateサービスは稼動している状態で)。

で、グーグル先生に聞いてみたところ、「Intel Matrix Storage Manager」なるソフトが悪さをしているのでは?という情報を得た。
System Update君が勝手に入れてきた模様。

んで、これをインストール対象から除外したら解決した、という事例は見つけたのですが、またWindows 7を再インストールするのが面倒だったので他になんか良い手は無いものか、もう少し調べてみると、どうやらこの「Intel Matrix Storage Manager」は結構古いソフトらしく、今は「Intel Rapid Storage Technology」というソフトで置き換えられているようでした。
ということでこの「Intel Rapid Storage Technology」の最新版をインテルのサイトからダウンロード&インストールしてやったら無事解決でした。


てかレノボ、お前ってやつは・・・・・・。

«Androidでメモ帳を作ってみた